五所川原農林高等学校(五農高校)ホームページ青森県立 五所川原農林高等学校

第2回役員会総会

 令和4年6月8日に本校会議室にて第2回役員会が開催されました。本会議では下記の案件について審議をし承認を得ました。また、各部会より現在の進捗状況が報告されました。
(1)記念事業中間報告
(2)記念事業収支中間決算
(3)各部会活動報告 ① 環境整備部会 ② 記念式典部会 ③ 記念祝賀会部会 ④ 記念誌部会
(4)記念事業収支予算改定
(5)記念事業実行委員会組織改定
(6)その他 

創立百二十周年記念植樹

 令和4年5月12日に創立百二十周年記念植樹が本校で行われました。詳細を掲載し報告させていただきます。
1 日 時  
 令和4年5月12日(木)12:50~14:30
2 場 所  
 第1部 講  演 会議室
 第2部 記念植樹 環境健康フィールドセンター
3 参加者  
 創立百二十周年記念事業実行委員会役員(会長・副会長 計2名)        
 昭和27年本校同期会7名、生物生産科3年33名
4 内 容   
 本校卒業生である櫻庭保夫氏が「ふじ」と「大栄紅」を掛け合わせ、新品種「明秋」を開発した。今回、櫻庭氏に生物生産科3年生に対して講演をいただき、リンゴ栽培に携わる学習内容を深めるとともに五農創立百二十周年記念のセレモニーとして、生徒とともに果樹園に記念植樹した。

 第1部 講  演         
 演 題  りんご品種「明秋」の育種について         
 講 師  櫻庭保夫 氏(昭和27年園芸科卒)
 ※講師紹介          
 1934年(昭和 9年)  板柳町生まれ          
 1946年(昭和21年)  青森県立五所川原農業学校園芸科入学          
 1952年(昭和27年)  青森県立五所川原農林高等学校園芸科卒業          
 青森県農業改良普及事業技術員として各地区の改良普及所や、青森県専門技術員(果樹)として、県りんご試験場や畑作園芸試験場に勤務。1992年(平成4年)県農林部農業改良指導監として勤務し、1994年(平成6年)に県職員退職。
 その後も、りんご栽培の課題解決に従事し現在、板柳町りんご新品種育成研究会会長として本県の農業に尽力している。

 第2部 記念植樹
 樹 種  リンゴ(バラ科リンゴ属)
 品 種  明 秋(めいしゅう)  
  

創立百二十周年記念事業について

 令和3年12月4日に創立百二十周年実行委員会設立総会がプラザマリュウ五所川原で開催されました。本会は令和4年に創立百二十周年を迎えることを記念し、以下の目的を達成するために設立いたしました。

 

※左の写真は、設立総会の様子になります。








1 記念建造物の建設に関すること。
2 学校活性化のための教育実践に関すること。
3 記念刊行物の発行に関すること。
4 記念式典等の実施に関すること。
5 その他記念事業を達成するために必要な事項に関すること。
次の事業においては各部会を中心に計画をしています。

1 記念式典
(1) 期日 令和4年11月26日(土)
(2) 場所 青森県立五所川原農林高等学校 第一体育館
(3) 時間 10:00~

2 記念祝賀会
(1) 期日 令和4年11月26日(土)
(2) 場所 プラザマリュウ五所川原
(3) 時間 13:00~

3 記念事業内容
(1) 五農会館(涓流舎)の改修
(2) 相撲道場の改修
(3) 学校敷地案内図の設置

4 進捗状況について
 随時更新いたします。

五農動画ライブラリ